スポンサーリンク

UFO遭遇 公式発表? ペンタゴン

都市伝説

こんにちは! ぼらです!

みなさん!!!  ペンタゴンがUFOと思われる映像を公式に発表しました!

都市伝説やオカルト好きにはたまらない内容ですよね!

本日の記事は:

Pentagon officially releases UFO videos
ペンタゴン 正式にUFOのビデオ公開

UFO遭遇のビデオ公開!?

ワシントン(CNN)国防総省は、民間企業が公開していた

「未確認の飛行物体(UFO)」を示す、

短い3つのビデオを公式に発表しました。


ビデオは、赤外線カメラで記録されていて、

高速で動いているUFOのようなものが見えます。


2つのビデオには、UFOのようなものの動く速さに驚く声が含まれています。

ある声は、それがドローンではないかと推測しています。



アメリカ海軍は以前、昨年の9月の段階でビデオの信憑性を認めていました。


国防総省(ペンタゴン)の報道官、Sue Goughさんによると、

今回、映像を発表した理由は、

民衆が映像が真実であるまたはそれ以上のものがあると

誤解しないように公開した
」と話しています。


「徹底した調査の結果、これらの映像はUFOであるとは断言できないが

UFOでないとも断言できない
」とGoughは声明で述べ、続けて

「未確認飛行物体は領空侵犯には値しない」と発言した。


アメリカ海軍は現在、UFOを見たとパイロットの報告内容

正式に保存しています。

海軍のビデオは、2017年12月から2018年3月の間に発表されました。


この映像は2004年に撮られたものですが、

2017年、UFOの1つを見たパイロットの1人が

CNNの取材に対して、説明不可能な方法でUFOが移動したと語りました。


私がUFO近づいたとき…それはすごい勢いで南方に加速し、

2秒ほどで姿を消した
」とアメリカ海軍を引退したDavid Fravorは言いました。

例えるなら、ピンポンボールが壁から跳ね返ってくるかのように、

あっちに行ったと思ったら急に進路をかえ逆方向に移動したり。。。



以前、国防総省はネバダ州の元上院議員、

Harry Reidさんの要請により立ち上げられた、

機密プログラムの一環として、未確認飛行物体との遭遇の記録を研究してきました。

国防総省によると、そのプログラムは2007年から2012年まで続いたようです。


これらの未確認飛行物体(UFO)は、

アメリカが所有しているはずのない特徴を持っている


調査チームは語った。


Reidさんは昨日に国防総省が公式にビデオを公開したことを

「うれしかった」とツイートしましたが、

それは「利用可能な研究と資料の一部に過ぎない。

アメリカはこれと起こりうる国家安全保障の影響について

科学的見解ををする必要がある。
」と述べました。


ビデオはこちらの公式サイトからどうぞ!

Pentagon officially releases UFO videos
The Pentagon has officially released three short videos showing "unidentified aerial phenomena" that had previously been released by a private company.


まとめ

いかがだったでしょうか?

UFOの動画を公式に発表ってめちゃくちゃテンション上がりますよね!!

これを機にアメリカも本格的に科学的根拠に基づいた発表をしてくるのでは

ないでしょうか!?

皆さんは、本物だと思われますか??

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう❗️

コメント

タイトルとURLをコピーしました