スポンサーリンク

コロナウイルス  うまく対処している国 できてない国

コロナウィルス

こんにちは! ぼらです。

世界中でコロナウイルスの対処について議論が起こっていますよね!
そもそもどのように対処するのが正解なのでしょうか?

またうまく対処できている国とできていない国はどこなのでしょうか?

本日の記事はこちら!

Coronavirus: Why are international comparisons difficult?
コロナウイルス :国際的比較が難しい理由

です!

さっそく読み入ってみましょう!!!

本分意訳

自分の国が他国と比べて、どのくらいコロナ対策ができているか気になりますよね?
でも実際は比較するのが難しいのかもしれません。

例えばコロナウィルス でお亡くなりになられた方の数。(4月20日現在)

総人口に対する死亡者数比較

どうでしょうか? 総人口に対しての死亡者数を見るとアメリカよりヨーロッパの5大国の方が圧倒的に死者が出ています。しかしこれだけでアメリカはヨーロッパ諸国よりコロナウィルスにうまく対応していると言えるのでしょうか?

エジンバラ大学のデータサイエンス教授であるRowland Kaoさんは比較について重要な要素が2つあると述べました。

「一つは取得されたデータは同意義なのか?(例えば国によって死亡原因がコロナウィルスだと断定する基準は違う)もう一つはウィルスが蔓延する要因が異なる場合、データを比較しても意味があるのか?」

各国の死者の数え方

国によってコロナウィルスに対する死者の数え方は違ってきます。

例えば:

フランス??:介護施設での死亡数も含まれている
イギリス??:病院での死亡のみ

また、死やその原因を断定する方法は、国際的基準で定められているものではありません。このことから、死亡要因や死亡者数の特定方法などは国、または医者などによって千差万別ということです。

よって統計学上、発表されているコロナウィルスによる死亡率と実際の死亡率には大きな差があると言われています。

死者数の比較のされ方

総死者数の他に、それぞれの国の死者数を比較するために、100万人あたりの死亡者数が使われている場合もあります。(上記の表を参照)

しかしこの比較方法にも問題はあります。

なぜなら、中国??などのコロナウィルスがあまり重要視されていなかった時に感染拡大を引き起こしたために死亡者数が激増してしまった地域と日本??のように騒がれ始めてから感染拡大が起こった国(死者数の増加は中国ほどではない:対処する時間があった)を比較するのとでは明らかにデータの統一性がないからです。

英国政府は、50人目の死者が記録されてから、各国ではどのくらい死者数が増えたのかを比較していますが、ウィルス対策する時間があった国とそうでなかった国では明らかにデータに差が発生します。

どの国がうまく対処しているかわからない理由。

結局はどの国がうまく対処して、どの国がうまく対処できていないのかを比較して結論づけることは難しいです。それにはいくつかの要因があります。

政治的要因

信頼性のあるデータを厳格に管理された政治システムを持つ国から取得することはほぼ不可能です。

例えば、中国から得られた死亡率のデータが正しいものだと信じることはできますか?

中国が発表した人口100万人あたりの死者数は、判明している武漢の死者数を半分にしたとしても、発表された死者数に到達していません。

よって、信ぴょう性のあるデータを比較することはできません。

人口要因

国内人口は国内に住んでいる人の数であり、何歳で、どこに住んでいて、どのように暮らしているかは考慮されていません。

イギリス??とアイルランド共和国??の間で比較が行われましたが、アイルランドの人口密度ははるかに低く、農村部に住んでいる人の割合ははるかに高いです。つまりアイルランド??の方が密集による感染リスクが低いことになります。

また、年齢構造に関していえば、アフリカの国々の人口は比較的若年層で形成されているため、ヨーロッパとアフリカの国々の間の死亡率の比較は意味を成しません。なぜなら高齢者のコロナウィルスにより死亡する確率がはるかに高いからです。

医療体制要因

一方で、ヨーロッパ諸国の大半は、アフリカ諸国の大半よりも医療制度が充実しています。医療制度の良し悪しがコロナウィルスの影響を増幅または軽減させることは言うまでもありません。

また、医療体制が進歩していない国では糖尿病、心臓病、高血圧などの持病を持っている国民が比較的多くみられます。持病の有無によっても死亡率は変動します。

ウィルス検査の迅速さ

パンデミックの早い段階で多くの検査を行い、感染者の接触を追跡する調査を行った国々は、ウィルスの蔓延を遅らせることに成功しています。

例えばドイツ??も韓国??も、被害が大きい国々に比べれば死者数をかなり抑えていると言えます。

ドイツ??と韓国??は非常に早い段階で積極的に検査を行い、ウイルスがどのように蔓延しているかについて研究しました。

しかし、ウィルス検査の迅速さが被害縮小につながるとも言い切れません
ウィルス検査を比較的早い段階から開始したイタリア??は、多くの死者を出しています。

比較は不可能なのか?

オックスフォード大学のJason Oke教授は、

どの国がウイルスにうまく対処したかを確実に知ることはできません。しかし感染拡大が収束したら、次第にどの国の対処方法が適切だったのかがわかるでしょう。そのときこそ、次の未知なるウィルスの対処の仕方を学ぶことができるのです」

と述べました。

   

      

本日の英語学習

では本日の英語学習に入っていきましょう!

BBCの記事からの引用になります。

If you take the five largest countries in Western Europe – the UK, Germany, France, Italy and Spain – their combined population is roughly 320 million.

https://www.bbc.com/news/52311014

If :もし
you take the five largest countries:最も大きな5つの国々を取り上げてみたら
in Western Europe – :西ヨーロッパの
the UK, Germany, France, Italy and Spain -:イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン
their combined population is :合計の人口は
roughly 320 million.:大体3億2000万人

      

直訳:
もし西ヨーロッパの最も大きな5つの国々(イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン)を取り上げてみると、合計の人口は大体3億2000万人になる。

意訳:
仮に、西ヨーロッパで最も大きな5つの国々(イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン)について考えてみると、総人口は約3億2000万人になる。

気を付けたいワード roughly

“roughly”は「乱暴に・雑に・大体・おおそよ」という意味があります。

ここでは後ろに数字が来ているので、「だいたい・おおそよ」となります。

このように、直後の単語によって意味が異なってくるものもあるので気を付けてくださいね!

      

        

まとめ

いかがだったでしょうか?

世界的な広い視野で見ると、どこの国が明確な対処をしているかというのは現段階ではわからないという結論に驚きました。

確かに言われてみると、それぞれ色々な要因がある国々を死亡者数だけで比較することはしたところで無意味なのかもしれません。。

皆さんはどう思われますか?

それではまた次回の記事でお会いしましょう!!

Can you compare different countries?
Should you be comparing Covid-19 statistics between countries?

コメント

タイトルとURLをコピーしました