スポンサーリンク

コロナウイルスに倒れる  22歳の母親

健康

私には子供はいませんが、幼い子供を残して死んでいく親の無念は想像を絶することだと思います。

アメリカのシカゴでは、コロナウイルスが2歳の子供から22歳の母親を奪いました。

本日の記事:

22-year-old Chicago mom and youngest child of 2 city workers dies from COVID-19
シカゴで22歳の母親がコロナウイルスにより死亡


子供を残して逝く 22歳の母親

A 22-year-old Chicago mother has lost her battle to COVID-19 after spending three weeks on a ventilator and struggling to breathe.

struggling to breathe:呼吸困難


海外ニュース翻訳
海外ニュース翻訳

シカゴ在住の22歳の母親は、3週間の間呼吸器を取り付けられ、呼吸が苦しい中、コロナウイルスと闘いました。

Sam
Sam

22歳で子供を残して逝ってしまうなんて悲しすぎるわ


家族によると、4月10日頃に発作を起こし、その後の検査で、コロナウイルスの陽性反応が出たナイラムーアさんは、5月1日にラッシュ大学医療センターで亡くなりました。

「私は泣き叫びました。私は失ったのです…元には戻れません…テレビなんか見れません…とても悲しかったです」と彼女の母親であるニッキ・コリンズ・ムーアさんはABCニュースに語りました。

コリンズ・ムーアさんは、ナイラさんは呼吸気をつけ、22日間闘病したと語りました。

コリンズさんはナイラさんへの最後の言葉は携帯電話で励ましの言葉を送っていたときだと言います。

「ナイラ愛してるわ。元気になってね、あなたはお母さんなのよ、きっと大丈夫だわ」コリンズさんはナイラさんに言ったことを思い出します。、

コリンズさんは、ナイラさんがコロナウイルスに感染する前、健康上の問題や一般的なウイルスの症状はなかったが、喘息により呼吸困難になっていると考えていたと述べました。

ナイラさんは2歳の息子エリックを残して逝きました。

コリンズムーアさんは、「ナイラの子供は、母親が死んだということがどういう事なのか理解していないでしょう。だけど、それを感じてると思います。」と語っています。

彼女は2016年に高校を卒業しています。勉強がよくできて、才能に溢れていたそうです。バンド、ディベートチーム、チアリーディング、などの活動に参加するだけではなく、障害を持つ生徒とも一緒に楽しんでいました。
そしてナイラさんは教師になるのが夢だったそうです。

コリンズムーアさんは、「ナイラは楽しい子でした。音楽がとても好きで人と打ち解けるのも早かったです。彼女は人のことが大好きでした。」と言ってます。彼女は感染が拡大する中でも、家族の面倒をよく見ていました。

若者への警告

政府の分析によると、アメリカでは、アフリカ系アメリカ人の死亡率の方が、他の人種の人々の死亡率よりも高くなっています。
シカゴでは、人口の32%しか黒人の人々が住んでいないにも関わらず、コロナウイルスによる死亡者数の72%を占めているそうです。

現在アメリカでは、数十の州がゆっくりと規制を緩和し始めています。

ナイラさんの7年来の友人だったマリアスタークスさんは、規制を甘く見ている若い人達に向けて警鐘を鳴らしています。スタークスさんは、「私の友人であるナイラは、毎日、一日中家に居ました。年齢は関係ありません。どうしようもないことなのです。私は今悲観に暮れています。」と語っています。

ナイラさんの通夜は金曜日に行われる予定です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただでさえ22歳という若さで死んでしまったことは悲しいことなのに、

2歳の子供を残して逝ってしまったという事実は悲劇だと思います。

日本では、多くの若者が自粛制限に従っていますが、これからも自分たちは感染しても軽症になるから関係ないと思わずに、みんなで力を合わせて収束に向かっていけたらいいなと思います。

22-year-old Chicago mom and youngest child of 2 city workers dies from COVID-19
Nyla Moore lost her battle to coronavirus after spending weeks on a ventilator. She dreamed of becoming a teacher and leaves behind a 2-year-old son.

コメント

タイトルとURLをコピーしました