スポンサーリンク

ロボット掃除機を筆頭に ロボットのお仕事を紹介!

コロナウィルス

最近、仕事の自動化がトレンドになっています。
仕事もテレワークなど対策を練っている企業も多いのではないでしょうか?

そんな中、ロボットによる労働力が注目されています!

ロボットによる仕事の自動化

コロナウィルスはロボットによる仕事の自動化を促進させているようです。

今までの傾向だと、

ロボットに人間的なコミュニケーションが取れることを求めていましたが、

現在ではコロナウィルスの影響により、

仕事を自動化し、人件費を削減する傾向に変化しています。

大小さまざまな企業がロボットを取り入れ、自宅勤務ではできない業務を代行してくれています。

ロボットによる仕事自動化の例

例えば、アメリカ最大の小売業者の”Walmart”では、

床掃除にロボットを使用しているようです。


また、韓国ではロボットが人の熱を測り、

消毒液を提供する役割を成しているようです。


さらに、ヨーロッパでは紫外線で消毒するロボットの需要が高まっており、

デンマークのUVD Robotsと言う会社は

数百台の紫外線消毒ロボットをヨーロッパの病院に出荷したようです。


このように、ロボットによる自動化は人々の密集を避け、

人々の健康を守ってくれます。


マクドナルドでは、

調理とサーバーをロボット化を試験的に導入しました。


また、倉庫の中で働いている人は

同じ倉庫での中で働いている人とのSocial Distanceが保てない

と声が上がる懸念があります。




その中でAmazonやWalmartの倉庫では

前々より効率化を図るために導入していた

ロボットの数をさらに増やし、倉庫の従業員の安全確保に努めました。


レッスンなど何かを教える人が不可欠なサービスでの

ロボット導入化はどうなっているかと言うと、

学校講師、フィットネスアドバイザー、

ファイナンシャルアドバイザーに代わる

人工知能(AI)が導入されています。

ロボットによる仕事自動化の問題点

また、ロボットにも問題点があります。


The Customer of the Futureの著者、

Blake Morganさんは食料雑貨店のロボットによるレジの自動化は画期的だが、

システムがうまく働かず、

すぐ壊れてしまう場合も多々ある
と述べています。

ロボット労働力と今後

このように、人に変わるロボットによる労働力が発展しています。



ある2017年のレポートによると2030年までには、

米国内では労働力の1/3はロボットによるものになる

と報告されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間に変わりロボットの労働力が

10年後には全体の1/3を占めることになるとは驚きですよね!! 

でもその分仕事が無くなってしまう人がいるのか。。。


みなさんはどう思われますでしょうか??


それでは、また次回の記事紹介でお会いしましょう!

本日の記事:

コメント

タイトルとURLをコピーしました